機関誌

『現代社会学理論研究』第14号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『現代社会学理論研究』ISSN: 1881-7467
2020年3月発行、141頁
ISBN: 978-4-9025-9088-3

【特集】トランスボーダーとコスモポリタニズム

執筆者タイトル
岡崎宏樹特集序文 ポスト多文化主義時代における差異と共生
イスラーム、シティズンシップ、ジェンダー
安達智史イスラームを人間化する
―多文化主義社会イギリスにおけるムスリム女性とヒジャブ
森千香子「ポスト多文化主義時代」とフランスのマイノリティ
―セクシュアル・デモクラシー、「ノン・ミクシテ」と カラー・ブレイヴな普遍主義
鈴木赳生リベラル多文化主義と先住民の再起
―「理論」の独白から思想の対話へ

【論文】

執筆者タイトル
兪羅珠「社会的なもの」としての再生産労働
―介護保険制度を中心に
松浦由美子フェミニズムの主体と権利
―中絶をめぐる女性の自己決定権の再考
德宮俊貴見田宗介の社会学理論における近代価値空間の反転と裂開
―70年代の理論構想の意義
小田和正ホーリズムとしての知識社会学
―知識社会学の根本問題の解決に向けて

【書評】

執筆者タイトル
馬渡玲欧対立を乗り越えるための社会理論
(書評対象書:井口暁著『ポスト3・11のリスク社会学̶原発事故と放射線リスクはどのように語られたのか』)
油井清光〈他者〉の変奏̶インヴェンションとシンフォニア
(書評対象書:奥村隆著『反転と残余̶〈社会の他者〉としての 社会学者』)
石川洋行〈消費社会論〉というジレンマ
(書評対象書:間々田孝夫著『21世紀の消費̶無謀、絶望、そして希望』)
出口剛司理論はいかにして自由な空間を切り拓くのか
(書評対象書:樫村愛子著『この社会で働くのはなぜ苦しいのか』)

大会記録/学会規約/編集委員会規程/編集・投稿規程/執筆規程・執筆規程細則/既巻号目次/役員・編集委員会/編集後記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加