機関誌

『現代社会学理論研究』第4号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『現代社会学理論研究』ISSN: 1881-7467
2010年3月発行、212頁
ISBN: 978-4-8226-0286-4 C3336、1905円+税

【特集】社会学的理論構築における承認論の可能性

執筆者 タイトル
宇都宮京子 特集序文
明戸隆浩 チャールズ・テイラーにおける「承認政治論」の再構成
出口剛司 アクセル・ホネットの承認論と批判理論の刷新

【特別講演】

S・アミヌル・イスラム バングラデシュと南アジアにおける社会学理論
A・エリオット グローバルな大暴落以降の新しい個人主義

【特別寄稿】

A・エリオット/片桐雅隆/澤井敦 新しい個人主義と現代日本

【論文】

執筆者 タイトル
檜山和也 ギデンズ「第三の道」における連帯概念の検討
河合恭平 H・アレント『人間の条件』における世界疎外に至る論理展開
堀田裕子 テレビゲーム体験における身体
額賀淑郎 価値判断の方法論
森 一平 個体性の承認と社会化
村上 潔 「主婦論争」再検討
渡邊拓哉 薬物による精神活性化と消費社会
本柳 亨 マクドナルドで発生する無礼と無関心

【追悼】

執筆者 タイトル
西原和久 藤田弘夫先生追悼文「藤田先生を偲んで–出会いと共同作業–」

大会記録/学会規約/編集委員会規程/編集・投稿規程/執筆規程/執筆規程細則/既巻号目次/役員・編集委員会/編集後記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加