日本社会学理論学会 The Society for Sociological Theory in Japan

The Society for Sociological Theory in Japan
日本社会学理論学会

[大会]第12回大会の開催について

日本社会学理論学会 第12回大会

  • 日時:2017年9月2日(土)、3日(日)
  • 2日(土)は12:30~、3日(日)は9:30~受付開始
  • 場所:明治大学駿河台キャンパス リバティタワー
    〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
    アクセスマップ

  • 受付はリバティタワー10階のフロア中央にて行います。
  • 大会会場:リバティタワー1103教室、1106教室(10階)
  • 会員控室:リバティタワー1104教室(10階)
  • 理事会室:リバティタワー1101教室(10階)
  • 特別セッション・シンポジウム打ち合わせ:リバティタワー1101教室(10階)

大会プログラム(PDF版はこちら

 
  • 9月2日(土)

11:00 理事会  1101教室

12:30 受付開始  リバティタワー10階フロア中央

13:00‐15:00  一般報告  司会 宮本真也(明治大学) 
  1103教室

小田 和正(北海道大学):

「社会学理論としての時代診断学
——K. マンハイムの評価的イデオロギー概念の検討から」

馬渡 玲欧(東京大学):

「自己実現と承認、そして遊び
——H.マルクーゼとA.ホネットにおける労働論の比較」

額賀 京介(一橋大学):

「マルクーゼによるフロイト精神分析学の革命的ユートピア論への転化
——E・フロムのフランクフルト学派離脱問題②」

魚住 知広(東京大学):

「孤独と依存の社会理論
——エーリッヒ・フロムの権威主義的性格について」

13:00‐15:00  一般報告 司会 浅野智彦(東京学芸大学) 
  1106教室

樫田 美雄(神戸市看護大学):

「ユーザー・イノベーションの実践としての在宅療養から社会学研究の未来を考える」

萩原 優騎(東京海洋大学):

「レジリエンスの諸問題を社会学理論が扱うことの意義」

片上 平二郎(立教大学):

「コンビニの社会理論序説
——日本的モダニティと単身者の社会」

石川 洋行(東京大学):

「モース贈与論のコミュニケーション論的再検討」

15:20‐17:40  日韓特別セッション 司会 浅野智彦(東京学芸大学) 
  1103教室

Kim, Hwan-Suk (Kookmin University):

STS as a challenge to the social: focusing on the question of nonhuman agency

Kim, Bong Seok (Sung Kyun Kwan University) & Oh, Dok Lip (Graduate School, Waseda University):

Individuals Still Need Society: The Case of 'Hon-Bap' and 'Hon-Sool' in Korea

Naoki SATO (Shizuoka University):

Recognition theory for Social movement research: Examination of Axel Honneth’s Recognition theory on Dialogue

Kiyomitsu YUI (Kobe University):

Civil Movements and Sociological Theory: Sakuta, Maruyama and Beck


18:00‐20:00 懇親会 グローバルラウンジ(グローバルフロント17階)


  • 9月3日(日)

9:30 受付開始

10:00‐12:30  一般報告 司会 岡崎宏樹(神戸学院大学)
  1103教室

小林 佑太(北海道大学)・清水 雄也(一橋大学):

「然るべき因果という難問
——適合的因果理論の意義と課題」

清家 久美(立命館アジア太平洋大学):

「実証主義論争に関する新実在論の視点による一提案」

吉村 孝之介(名古屋市立大学):

「P.ブルデューにおける主観主義と客観主義の乗り越え
——エピステモローグとしてのブルデュー」

秋本 光陽(筑波大学):

「ハワード・ベッカー「アンダードッグの社会学」再考」

國本 哲史(一橋大学):

「社会学的価値論の検討」

10:00‐12:30  一般報告 司会 濱西栄司(ノートルダム清心女子大学)
  1106教室

大貫 恵佳(駒沢女子大学):

「統治」概念再考——G. アガンベンによる系譜学的研究を手掛かりに

長野 慎一(東京理科大学):

バトラーにおける語る身体と物の世界——いかに民主主義を実践するか

大貫 挙学(佛教大学):

後期近代における「政治的身体」——ジュディス・バトラーの権力論的読解

谷 公太(慶應義塾大学):

アンリ・ルフェーヴルにおける都市と社会

田中 裕(早稲田大学):

ドイツ社会学における空間概念

12:00‐13:00 シンポジウム打ち合わせ
1101教室

13:10‐14:00 総会
1103教室

14:00‐16:30 シンポジウム
1103教室

大会シンポジウム「自由(主義)の可能性、もしくはその限界」

14:00-16:30 司会 数土 直紀(学習院大学)

大澤 真幸(社会学者)

「資本主義は自由の友か敵か」(仮題)

大屋 雄裕(慶応義塾大学)

「自由と幸福の現在:ナッジとその先にあるもの」

金野 美奈子(東京女子大学)

「自由という絶望と希望――規範的社会理論に何ができるか」

討論者 : 小山 裕(東洋大学)



過去の大会・研究例会