日本社会学理論学会 The Society for Sociological Theory in Japan

The Society for Sociological Theory in Japan
日本社会学理論学会

new![研究例会]2017年度 日本社会学理論学会研究例会
 「トランスボーダーとコスモポリタニズム」のご案内

  • 日時:2018年3月10日(土)14時から17時まで
  • 場所:学習院大学目白キャンパス中央棟-405
    (アクセスマップ)
    (キャンパスマップ)

  • 共通テーマ:トランスボーダーとコスモポリタニズム
  • 報告および討論
    • 1. 西原和久(成城大学)
      トランスナショナリズムとリージョナリズムからみたコスモポリタニズムの位置と意味
      ――移民・沖縄・国家、そして東アジア共同体――

      本報告では、最近の報告者の関心に従って、トランスナショナリズムやリージョナリズムといった関連諸概念と対比してみたコスモポリタニズム概念の社会理論における位置と、具体的な脱国家的な未来構想におけるその戦略的な意味が検討される。そこでまずトランスナショナルな移動者・越境者の例を沖縄の人びとの中に求め、次に近年活発になってきている沖縄の自立・独立論議を取り上げ、さらにこの議論を東アジアや環太平洋の脱国家的な連携という地平で論じる。この最後の点は、もちろん東アジア共同体というリージョナルな構想と関係するが、その可能性をも含めたコスモポリタンをめぐる基本的な争点を社会理論の課題として報告で描き出してみたい。
    • 2. 金南咲季(大阪大学大学院)
      周縁空間における日常的コスモポリタニズム
      ――可視化される差異とその意味づけの変容に着目して――

      本報告では、コスモポリタニズムを具体的な空間と結びつけ、その萌芽的諸相を人々の日常の中に探るべく、被差別部落、コリア系外国人学校、イスラムモスク、中国帰国者、ニューカマー外国人といった「マイノリティ」が集積する多文化接触領域の10年間の変容を事例として取り上げる。具体的には、構造的な要因の下で「共に投げ込まれている」(Massey=2005)人々の接触を描き出すことを通じて、地域社会において不可視的であった差異が表出される局面や、そうした差異に対する意味付けが変容し、地域社会に新たな接触機会の創出や、認識の転換、文化の混交といった影響がもたらされるようになっていく一連の動態について論じることにしたい。
    • 3. 河合優子(立教大学)
      交錯と共感
      ――「マジョリティ」の他者理解および自己変容の方法としてのコスモポリタン主義――

      本発表は、日本社会において「マジョリティ」と「マイノリティ」の境界を揺さぶり、多様な人々の差異が認められると同時に社会的そして文化的平等が追求されるという意味での多文化社会構築のために、「マジョリティ」である「日本人」がどのように他者を理解しその意識を変容させていくべきなのか、という問題意識を出発点とする。その上で(1)日常における多文化共生実践のための視点としての「交錯」(河合、2016)と「多文化主義的共感(critical multicultural empathy)」(Kawai, 2017)の関連性、(2)この2つの視点と他者理解および自己変容の方法としてのコスモポリタン主義の関連性、の2点について論じてみたい。
      <文献>
        河合優子編著(2016)『交錯する多文化社会』ナカニシヤ出版
        Kawai, Yuko. (2017). Learning critical multicultural empathy through ethnic minorities’ media self-representation in Japan. In John Erni (Ed.), Visuality, emotions and minority culture: Feeling ethnic (pp. 131-146). Berlin Heidelberg: Springer.
    • 討論者:鈴木弥香子(慶應義塾大学大学院)
      「新しいコスモポリタニズム」の理論的潜勢力とは
      近年コスモポリタニズムは再び注目を集め、様々な分野で議論されてきたが(Beck 2006; Cheah and Robbins eds., 1998; Delanty 2009; Held 2010)、日本の社会学においてはその一連の動向は等閑視されてきたと言っても過言ではない。しかし、こうした「新しい」コスモポリタニズムは、「古い」コスモポリタニズムの単なる焼き直しではなく、現代的な文脈に照らし合わせながら批判的/反省的に再構成されたものであり、現在のグローバル・多文化状況を理解するための理論的装置の一つとして一考に値するものであると言える。本報告では、多文化主義やグローバル化理論との関連を示しながら「新しいコスモポリタニズム」の射程/問題点を示した上で、各報告を踏まえ、議論をさらに深めるための論点提供を行いたい。

  • 司会者:片桐雅隆(立正大学)、樫村愛子(愛知大学)

研究例会は、参加無料・申込不要です。当学会の会員でない方もご参加いただけます。問い合わせは、事務局(sst[@]sst-j.com([ ]を削除して下さい))までお願いします。

[大会]第12回大会の開催について

日本社会学理論学会 第12回大会

  • 日時:2017年9月2日(土)、3日(日)
    2日(土)は12:30~、3日(日)は9:30~受付開始
  • 場所:明治大学駿河台キャンパス リバティタワー
    〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
    アクセスマップ

  • 受付はリバティタワー10階のフロア中央にて行います。
  • 大会会場:リバティタワー1103教室、1106教室(10階)
  • 会員控室:リバティタワー1104教室(10階)
  • 理事会室:リバティタワー1101教室(10階)
  • 特別セッション・シンポジウム打ち合わせ:リバティタワー1101教室(10階)

大会プログラム(PDF版はこちら

 
  • 9月2日(土)

11:00 理事会  1101教室

12:30 受付開始  リバティタワー10階フロア中央

13:00‐15:00  一般報告  司会 宮本真也(明治大学) 
  1103教室

小田 和正(北海道大学):

「社会学理論としての時代診断学
——K. マンハイムの評価的イデオロギー概念の検討から」

馬渡 玲欧(東京大学):

「自己実現と承認、そして遊び
——H.マルクーゼとA.ホネットにおける労働論の比較」

額賀 京介(一橋大学):

「マルクーゼによるフロイト精神分析学の革命的ユートピア論への転化
——E・フロムのフランクフルト学派離脱問題②」

魚住 知広(東京大学):

「孤独と依存の社会理論
——エーリッヒ・フロムの権威主義的性格について」

13:00‐15:00  一般報告 司会 浅野智彦(東京学芸大学) 
  1106教室

樫田 美雄(神戸市看護大学):

「ユーザー・イノベーションの実践としての在宅療養から社会学研究の未来を考える」

萩原 優騎(東京海洋大学):

「レジリエンスの諸問題を社会学理論が扱うことの意義」

片上 平二郎(立教大学):

「コンビニの社会理論序説
——日本的モダニティと単身者の社会」

石川 洋行(東京大学):

「モース贈与論のコミュニケーション論的再検討」

15:20‐17:40  日韓特別セッション 司会 浅野智彦(東京学芸大学) 
  1103教室

Kim, Hwan-Suk (Kookmin University):

STS as a challenge to the social: focusing on the question of nonhuman agency

Kim, Bong Seok (Sung Kyun Kwan University) & Oh, Dok Lip (Graduate School, Waseda University):

Individuals Still Need Society: The Case of 'Hon-Bap' and 'Hon-Sool' in Korea

Naoki SATO (Shizuoka University):

Recognition theory for Social movement research: Examination of Axel Honneth’s Recognition theory on Dialogue

Kiyomitsu YUI (Kobe University):

Civil Movements and Sociological Theory: Sakuta, Maruyama and Beck


18:00‐20:00 懇親会 グローバルラウンジ(グローバルフロント17階)


  • 9月3日(日)

9:30 受付開始

10:00‐12:30  一般報告 司会 岡崎宏樹(神戸学院大学)
  1103教室

小林 佑太(北海道大学)・清水 雄也(一橋大学):

「然るべき因果という難問
——適合的因果理論の意義と課題」

清家 久美(立命館アジア太平洋大学):

「実証主義論争に関する新実在論の視点による一提案」

吉村 孝之介(名古屋市立大学):

「P.ブルデューにおける主観主義と客観主義の乗り越え
——エピステモローグとしてのブルデュー」

秋本 光陽(筑波大学):

「ハワード・ベッカー「アンダードッグの社会学」再考」

國本 哲史(一橋大学):

「社会学的価値論の検討」

10:00‐12:30  一般報告 司会 濱西栄司(ノートルダム清心女子大学)
  1106教室

大貫 恵佳(駒沢女子大学):

「統治」概念再考——G. アガンベンによる系譜学的研究を手掛かりに

長野 慎一(東京理科大学):

バトラーにおける語る身体と物の世界——いかに民主主義を実践するか

大貫 挙学(佛教大学):

後期近代における「政治的身体」——ジュディス・バトラーの権力論的読解

谷 公太(慶應義塾大学):

アンリ・ルフェーヴルにおける都市と社会

田中 裕(早稲田大学):

ドイツ社会学における空間概念

12:00‐13:00 シンポジウム打ち合わせ
1101教室

13:10‐14:00 総会
1103教室

14:00‐16:30 シンポジウム
1103教室

大会シンポジウム「自由(主義)の可能性、もしくはその限界」

14:00-16:30 司会 数土 直紀(学習院大学)

大澤 真幸(社会学者)

「資本主義は自由の友か敵か」(仮題)

大屋 雄裕(慶応義塾大学)

「自由と幸福の現在:ナッジとその先にあるもの」

金野 美奈子(東京女子大学)

「自由という絶望と希望――規範的社会理論に何ができるか」

討論者 : 小山 裕(東洋大学)



過去の大会・研究例会