イベント情報

〈人権社会学〉公開WEBシンポ◇第1回 ルッキズム論/見た目問題(9月19日開催)のご案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

樫田美雄会員より、標記のシンポジウムのご案内をいただきましたので、お知らせいたします。
詳細については下記の内容をご確認ください。

[以下ご案内の内容]

このたび、「人権」を考える新しいやり方としての「人権社会学」を構想すべく連続公開シンポを企画しました。
第1回は下記の要領で開催します。ふるってご参加ください。

◆日時:2021年9月19日(日)14:00~16:30
◆開催方式:ZoomとYouTubeにて行うWeb公開シンポ(参加無料)
◆申込み:下記グーグルフォームよりお申し込みの方に、ZoomやYouTubeのURLをお届けします

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdaQ60ZHQ4RId_aJRKMo8HfZUZPq-EeiJxDwaYDbwCiMUd3xA/viewform

◆内容(主な部分)
・司会:樫田美雄(神戸市看護大学)
・第1報告:矢吹 康夫 (立教大学) ジロジロ見られたくない、だけどつい見てしまう、じゃあどうすればいいの?
・第2報告:吉村 さやか (日本大学)「隠せば問題ない」を問い直す──隠すのは誰のため? 何のため?
・第3報告:杉浦 真理 (立命館宇治中学校高等学校) 高校教育と人権社会学――その可能性

・第1コメント小川 伸彦 (奈良女子大学) 見た目問題はどこにつながっているか:社会学の立場より
・第2コメント:堀 智久 (名寄市立大学) 社会モデルと見た目問題──自己の体験を踏まえて
・フロアも交えた質疑や討論

◆本シンポ専用ツイッター(随時情報更新中) https://twitter.com/jinkensociology
◆チラシ等ダウンロードサイト https://drive.google.com/drive/folders/1e92hzyUFAJ_Nwt-FSXYzlNZY6PrrcsDY

★主催:日本学術振興会科研費研究(下記)/代表者:樫田美雄(神戸市看護大学)

「障害社会学の方法論としてのエスノメソドロジー‐人々の経験に正対する社会学の探求」課題番号20K20782

◆第2回はパラスポーツ論(10/10開催)です。詳細は上記ツイッターやダウンロードサイトで公開中

[ご案内の内容以上]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加