大会・研究例会

第15回大会・一般報告募集について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第15回大会・一般報告募集について

 下記の通り、日本社会学理論学会第15回大会での一般報告を募集いたします。会員各位にはご応募のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

大会日時・会場

日時:2020年9月5日(土)、6日(日)
会場:ノートルダム清心女子大学

*なお、新型コロナウィルスの感染拡大状況によっては、オンライン開催に変更する可能性があります。オンライン開催に変更する場合は、7月5日までに会員に告知します。

*プログラム等の詳細は本学会ウェブサイト(http://sst-j.com/)に随時掲載します。

一般報告の募集

 報告を希望する方は、以下の報告申込方法を参照の上、お申し込みください。応募者多数の場合は、研究委員会において調整させていただきます。なお、英語での報告も可とします。

【報告テーマ】

 報告テーマは自由ですが、社会学理論学会にふさわしいものが優先される場合があります。

【報告者資格】

 すでに会員である者か、報告エントリー期限(6月15日)までに入会申込書を学会事務局に送付した者で、大会開催時までに本年度の会費を完納している者。共同報告の場合は、報告者全員がこの条件を満たしていることが必要となります。
*なお、新型コロナウィルス感染拡大に伴う雇用情勢悪化のため、今年度に限り、会費を完納していない会員にも報告を認めることとします。収入減によりどうしても会費納入が困難な方は、年度末(3月末)までにお支払い下さい。コロナ禍のため苦境に陥っている大学院生や非常勤職の会員を想定した特別措置ですので、それ以外の方は、会の健全財政を維持するため速やかな会費納入にご協力下さい。(2020/6/1追記)

【報告申込と報告要旨】

 報告希望者は、報告予定者全員の氏名・所属・メールアドレスと報告概要(タイトル、400字程度の報告要旨)をワードファイルで添付して、6月15日までにメールにて事務局宛にお申し込み下さい。なお、報告時間は1報告につき、報告20分/質疑応答10分となる予定です。

【オンライン開催の場合について】

 日本社会学理論学会では、新型コロナウィルスの感染拡大状況によって第15回大会がオンライン開催に変更された場合も、大会は成立したものとみなします。その場合、以下のA・Bのいずれも可としますので、報告申込の際にいずれかを選んで明記してください。

A:オンライン開催となった場合でも、研究報告を行う。
B:オンライン開催となった場合は、報告申込を取り下げる。

申込先

電子メール sst [a] sst-j.com (事務局からの返信をもって申込受理とします。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加