イベント情報

シンポジウム「ファン文化の社会学」のお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンポジウム「ファン文化の社会学」のご案内をいただきましたので、お知らせいたします。
詳細は下記をご覧ください。

____(以下、ご案内)____

■シンポジウム「ファン文化の社会学」のご案内
=『新社会学研究』第3号出版記念シンポジウムについて=

『新社会学研究』第3号(2018年9月刊)では、「ファン文化の社会学」を公募特集として掲載しました。この特集は反響が大きく、続けての企画が望まれるとの声が寄せられたため、以下のシンポジウムを開催いたします。当日の午後には同じ関西学院大学で「関西社会学会大会」も開催されています。予約不要・無料の企画となっております。どなた様も振るってご参加ください。

シンポジウム名:「ファン文化の社会学――次のステージに向けて」
日 時:2019年6月1日(土)10:00 -12:00
場 所:関西学院大学図書館ホール(西宮上ケ原キャンパス)
※https://www.kwansei.ac.jp/pr/pr_001086.html(キャンパスマップ)
報告者:吉光 正絵(長崎県立大学)
    難波 功士(関西学院大学)
    岡井 崇之(奈良県立大学)
司 会:小川 博司(関西大学)
=シンポジウム趣旨=
『新社会学研究』第3号の特集「ファン文化の社会学」では、Kポップ、ジャニーズ、2.5次元アイドルと、パフォーミング・アート分野のアイドルたちの、主に女性ファンに焦点が当てられた。ファン文化の範囲はもっと広いはずだし、ファンは女性に限られない。本シンポジウムでは、特集の内容を踏まえた上で、ファン文化研究の次のステージに向けて、研究の射程、アプローチの方法など、今後の課題について議論したい。

(情報提供者・『新社会学研究』同人・樫田美雄)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加