会員からの情報

『社会学の歴史Ⅰ――社会という謎の系譜』書評セッション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日時
2015年3月26日(木)16:00~18:00
場所
立教大学池袋キャンパス 11号館2階 A201教室
書評者
出口 剛司(東京大学文学部・大学院人文社会系研究科准教授)
片上平二郎(立教大学文学部助教)
長谷 正人(早稲田大学文学学術院教授)
対象書著者
奥村 隆(立教大学社会学部教授)
主催
くり研
問い合わせ先
fukada@rikkyo.ac.jp(立教大学社会学部助教・深田耕一郎)

このたび刊行された奥村隆氏の新著『社会学の歴史Ⅰ――社会という謎の系譜』(有 斐閣)について、書評セッションを開催します。書評者には『エーリッヒ・フロム― ―希望なき時代の希望』の著者・出口剛司氏、T・アドルノの新解釈を試みる片上平 二郎氏、文化社会学/映像文化論をリードする長谷正人氏をお迎えし、著者に直接コ メントを投げかけ、話し合っていくという企画です。フロアからのコメント・質問も 歓迎します。申し込み不要ですので、多くの方のご参加をお待ちしています。

立教大学池袋キャンパスへのアクセス
http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/
キャンパスマップ
http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加