日本社会学理論学会 The Society for Sociological Theory in Japan

The Society for Sociological Theory in Japan
日本社会学理論学会

『現代社会学理論研究』第11号

『現代社会学理論研究』ISSN: 1881-7467
2017年3月発行、169頁
ISBN: 978-4-8226-0327-4 C3336

執筆者 タイトル
【特 集】 ダイバーシティ社会と社会学理論
浅野智彦 特集序文 ダイバーシティ社会と社会学理論
赤川 学 構築された性から構築する性へ――ジェフリー・ウィークスの理論的変容を通して
岸 政彦 実在と行為――社会学理論ができること
佐藤 恵 被災障害者の困難とボランティア/NPOによる支援
【論 文】
岡沢 亮 図画のわいせつ性をめぐる裁判の恣意性再考
河村裕樹 「普通であること」の呈示実践としてのパッシング――ガーフィンケルのパッシング理論を再考する
高艸 賢 シュッツの社会科学基礎論における生の諸相――体験次元と意味次元の統一としての主観的意味
馬渡玲欧 文明批判の存在論的再構成――H. マルクーゼ『エロスと文明』を中心に
井上達郎 アレント思想における「私的領域」概念の存立意義――「私有財産」論に着目して
廣田 拓 ギデンズ社会理論と和辻倫理学における二重性の論理と信頼
竹中克久 組織文化研究における批判的経営研究(CMS)の可能性――組織文化の「負」の側面の分析に向けて
【書 評】
出口剛司松本三和夫『科学社会学の理論』への書評――社会学の「理論」はどのような機能を担うのか
(書評対象書:松本三和夫著『科学社会学の理論』)
数土直紀公共世界と非公共世界を同時に生きること
(書評対象書:金野美奈子著『ロールズと自由な社会のジェンダー――共生への対話』)
杉山光信グローバル化とポスト近代状況の社会運動論
(書評対象書:濱西栄司著『トゥレーヌ社会学と新しい社会運動理論』)
磯 直樹性向と文脈の社会学理論
(書評対象書:ベルナール・ライール著、村井重樹訳『複数的世界――社会諸科学の統一性に関する考察』)
濱西栄司社会理論と社会運動――理論刷新の道とフーコー理論(言説・統治性)
(書評対象書:Roose, J. and H. Diez eds., Social Theory and Social Movements: Mutual Inspirations)
大会記録/学会規約/編集委員会規程/編集・投稿規程/執筆規程・執筆規程細則/既巻号目次/役員・編集委員会/編集後記